« 滅びざる幸福こそ人生の目的 | トップページ | 『アリスのままで』(2) »

『アリスのままで』(1)

アリスのままで
アリスのままで
posted with amazlet at 16.03.31
リサ ジェノヴァ
キノブックス
売り上げランキング: 83,379

 リサ ジェノヴァの小説『アリスのままで』は全米でベストセラーとなり、映画化もされました。

 ヒロインの言語学者アリスは、若年性アルツハイマー病になり、かつての生活を失っていきます。その苦しみを訴えた講演は、この小説の白眉でしょう。一部、紹介します。
 わたしはハーバードではもう仕事をしていません。論文や本を読んだり、書いたり調べたりすることができません。わたしの現実はほんのしばらく前とはすっかり変わってしまいました。そしてすっかり歪んでしまいました。自分が何を言い、何を考え、自分のまわりで何が起きているのかを理解するための普通の通路が、アミロイドのおかげで塞がれてしまっているのです。言いたい言葉を探しあぐね、間違った言葉を言っている自分に愕然とします。空間的距離を自信をもって判断できません。その結果、物を落としたり、転倒したり、自宅から二ブロックしか離れていないのに迷子になったりします。(上掲訳書311頁)

« 滅びざる幸福こそ人生の目的 | トップページ | 『アリスのままで』(2) »

●読書メモ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171233/63421199

この記事へのトラックバック一覧です: 『アリスのままで』(1):

« 滅びざる幸福こそ人生の目的 | トップページ | 『アリスのままで』(2) »